BLOG

朝起きれない人必見!本当に早起きするための方法!?効果抜群の熟睡方法も実践!

投稿日:

久しぶりに実家に帰ってきた日に色々作業があって布団に入ったのが結局4時半、愛想と目つきと態度の最高に悪い妹がいるのだけれど、その妹の起きもしないアラームが6時に鳴って何度止めてもまた鳴る

こんなにうるさいアラームで起きれないとはどんだけ眠りが深いのだろうかと

さて、早起きするにはどうすればいいんだって人多いですよね

自分も朝起きるのが苦手でどうしようもない時がありました

現在は違うのかって言われたらそうでもないんですけどね(笑)

今回は実際にやってみて効果のあった起きれる方法を紹介します

 

sponsored link

予定を意識して寝る

結局これが一番効果がありました

次の日の予定が何もないけど、早起きすれば色々やりたい作業ができるなあと

でも、それは目が覚めてる時だから言えるもんで、実際朝になったらもうちょっとって結局寝ちゃいます

そんな時どうしたらいいのか

予定がある日もない日も朝何かをやることを決めてそれを意識しながら寝る

それが一番効果覿面でした

遊ぶ予定の時はいくらでも早く目がさめるのに、仕事や授業なんかの時はつい寝過ごしてしまいますよね

でも、私の場合寝る間際まで予定を頭の中で繰り返して寝ると、予定の時間ぴったりに起きることができてしまっていました

もちろん回数を重ねないとダメだったので、最初はうまくいきませんでしたが次第にセットしたアラームが鳴る1分前に目がさめるようになりました

寝る2時間前に風呂に入る

風呂は寝る2時間前くらいに入るのがいいと言われています

早起きするにはいい睡眠も大事ということでこの方法を試しました

確かに心地い眠りでぐっすりだったと思います

朝もスッキリ起きれたのを覚えてはいますが、早起きする方法というよりは熟睡するための方法に近いような気がしますね

夕方に軽い運動をする

これも正直快適に寝るためにとか、早寝するためにといった方向に効果のある手法かと思います

熟睡できることに越したことはありませんが、起きれなくては意味がありませんからね

でも、これも適した時間に寝ることができれば、朝の二度寝を防げるくらいスッキリ目覚められました

適正睡眠サイクルを見極める

レム睡眠とノンレム睡眠というものがあります

これは眠りの浅い時間と眠りの深い時間です

レム睡眠が寝ている間に何度か繰り返されて次第に目覚めます

レム睡眠に鳴るタイミングで起きれるとスッキリ目覚めることができるのですが、その周期は人寄って若干異なっています

何度が寝て試していくうちに自分の周期がわかってきます

これは年齢によっても個人差があるようです

だいたいは90分から110分と言われているので、その間で試してみるといいでしょう

例えば、朝の6時に起きたいと思ったらその6時間前の12時に寝ると90分の周期が4回目で起きる時間になるので、そこでスッキリ起きれれば90分の周期ということになります

ちなみに私の場合は100分でした

日によっても誤差がありますけどね

ぜひ試してみてください

まとめ

一番最初に紹介した予定を頭の中で意識して寝るという方法と最後に紹介したレム睡眠とノンレム睡眠の周期を合わせて利用するとだいたいの人がしっかり起きれると思います

これは自分で実証してみた結果です

他にもたくさん早起きの方法や熟睡の方法が各サイトで紹介されていましたが、一番効果があったのは今回紹介したものでした

個人差はあると思いますが、試してみてはいかがでしょうか

特にこれから社会に出て会社の出勤時間に間に合うか心配だという新社会人の皆さん

私もそうですが、これから頑張るためにもこういったこまめな生活の知恵を知っておくのもいい手ですね





-BLOG

Copyright© Dreaming Realistの戯言。 , 2018 All Rights Reserved.